自毛植毛のかさぶたのケア方法について

自毛植毛のかさぶたのケア方法について

薄毛というのは本当に残酷です。何も悪いことをしていないのに突然髪の毛が抜け落ちます。もちろん中には身に覚えがあるという方もおられるでしょう。毎日ラーメンばかり食べるなど野菜などをまったくとっておらず、著しく食事バランスが崩れている方などは薄毛になってもある程度は自己責任かもしれません。しかし大方の人は違います。朝昼晩しっかり食べ、それなりに健康な生活を送っている。大きな病気も経験したことがない。このような人にも薄毛は容赦なく襲い掛かってきます。砂嵐のように、中国から毎年吹き荒れる黄砂のように、これは防ぎようがありません。「どうして俺だけこんな目に」と言いたくなる気持ちも分ります。私だってその気持ちは痛いほど分かります。

しかしです。現実とは向き合わなければなりません。薄毛を放置していると進行する一方。現状よりさらにひどい状態になりかねません。そこで多くの人はまずは育毛剤に手を出します。しかしこれがあまり効果がない。そう思われる方がほとんどです。そこでさらに精神面が傷つきます。「俺が一体何をしたんだ」ここでももう一度そのような気持ちになります。

私はこう思います。早い段階からプロの医師の方々から助言を仰ぐ。これが最善だということに気付きました。自分一人で、髪の専門家でもないのに悶々と悩む時間はもったいないだけです。有効な対策が打てるわけでもありません。まずは診察を受けてみるべきです。診察だけなら金額も大したことはありません。

最近はFUE法というメスを使わない自毛植毛が話題です。自毛植毛を受けて髪の悩みがなくなったとの声も多いのですが、自毛植毛については術式だけではなく、様々なことが正しい知識としてまだ、多くの方に知られていない気がするのです。

そこで今回は自毛植毛後のお悩みとして多く問い合わせ頂いている、かさぶたのケア方法について解説していければと思います。

大阪梅田の植毛クリニックの医師らから聞いた情報をお伝えいたします。

参考引用 https://www.lifehacker.jp/2017/11/171119-why-you-pick-scabs-and-how-not-to.html

かさぶたについて

自毛植毛でできた傷も、一般的な傷口と同じで、出血すればかさぶたができます。これは当たり前のことです。術後5日~1週間程度でかさぶたが見え始めることが多いようです。
期間にももちろん個人差があります。術後10日前後くらいで取れる人もいると聞きました。遅い人では約2週間後になる場合もありますし、ここには大きな個人差があるということです。しかし誰でもかさぶたはとれるので、それほどここでは心配する必要はありません。

 

かさぶたを早く取る方法

まず、そんなことが可能なのでしょうか。かさぶたを早く取るには、もちろん正しい方法と手順でケアする。これが何よりも大切です。術後2~3日からきちんと正しくシャンプーを行いましょう。そして、患部にシャワーが直接当たらないよう細心の注意をし、その後で霧吹きで軽く濡らして水で薄めるシャンプーを使用するべきでしょう。それから水の温度にも注意です。おすすめは人肌程度のぬるま湯を使うことです。

 

かさぶたを防げる?

出血があった場合にはかさぶたを防ぐことはできません。これはどの手術でも言えることです。皮膚というのはかさぶたができ、そこから治るのです。そしてこれを極力少なくすることはできます。このようにかさぶたが少なければ、かさぶたが取れるまでの期間もかなり少なくすることができます。かさぶたを作りにくくするため、頭皮に滲んだ血を丁寧にこまめに拭き取ることも大切です。忘れないようにしましょう。

まとめ

薄毛で悩んでいる方は、まずは薄毛治療全般を行っている大阪梅田の親和クリニック大阪院などの自毛植毛クリニックにご相談してみることをおすすめします。

 

 

投稿者プロフィール

大阪 植次
大阪 植次
マスコミ勤務。
植毛手術を機に薄毛役立ち情報サイトを開設。
大阪生まれで阪神とNMB48を愛する40代。

自毛植毛カテゴリの最新記事