ウィッグとエクステを考察

ウィッグとエクステを考察

女性の美容ヘアアイテムとしてウィッグやエクステの使用は年齢に関係なく一般的です。 ウィッグとは髪型を変える目的で一時的に用いられるカツラのことで、頭髪に装着するだけで気軽にヘアスタイルのアレンジが楽しめます。歳を重ねて髪のボリュームが少なくなってしまった方も利用されているようです。

エクステ(ヘアーエクステンション)は、ファイバーや・アクリルとしった化学繊維のほか、人毛で作られた毛束による付け毛で、従来ある頭髪に接着剤や繊維などを使用して装着します。

施術は主に専用のサロンで行い、比較的安価なことから、ヘアデザインにこだわりを持つ若年層で人気の高いアイテムです。どちらも部分カツラの一種で、薄毛予防というよりは髪型を変える目的のために使用されています。

ウィッグ、エクステイメージ 薄毛をカバーするため、ウィッグやエクステを検討しましたが、維持費がきになり、最終的に自毛植毛手術受けました

男性用のハゲ隠しには…

これは、私のようなAGA(男性型脱毛症)やその他の理由によるハゲや薄毛を隠すためのカツラとは、使用目的が異なります。とは言うものの、男性用のウィッグやエクステもちゃんと用意されています。
安価なものだと、男性用のウィッグは千円台から販売されています。 しかしこれらはファッションアイテムとしてのものので、ハゲや薄毛を隠すためのものとは言い難いクォリティです。もともと使用用途が違うので、仕方ないことですが。

ハゲや薄毛をカバーするためには、やはり専門業者が手掛けている商品がベストです。
そしてウィッグも、女性用とは少し違いますが、「従来ある頭髪に人工毛を結びつけるタイプの増毛法」商品が様々なメーカーやクリニック、サロンなどで施術できます。  

薄毛をカバーする専門品はケタ違いに高価

薄毛をカバーするための商品は、女性用のウィッグやエクステとはケタ違いに費用がかかってしまいます。 初期に必要な作成や施術費用に加えて、カツラは使用するにあたって維持費用として小まめなメンテナンスが必要です。 そしてウィッグでは使用できる期間の問題や、頭髪の成長に伴っての調整が必要なことなどで、それぞれ別途、費用が加算されていきます。それらが積もり積もると、バカにできない額になってしまいます。
しかし、途中でやめることもできない…というジレンマに陥ってしまうユーザーも多いそうです。  

長年AGAによるハゲに悩まされ続けていた私も、一時、カツラやウィッグ状の増毛法を検討したことがあります。
しかし、この積み重なっていく費用が気にかかり、この方法を選択しませんでした。そして、最終的に親和クリニック大阪院で自毛植毛手術に踏み切ったのです。  

自毛植毛は初期費用が高価で維持費は安価

自毛植毛手術の場合、必要な費用は施術時にかかる分だけです。 事前のカウンセリングは無料です。施術後に定着してしまえば、あとはメンテナンスや作り替える必要など何もありません。
もちろん、それ以上AGAの進行するのを抑制するため、また育毛のために内服薬や外用薬を使用しているので、その購入(処方)費用は発生します。 しかしそれは、自毛植毛手術を行っていなくても同じことだと思います。  

ただし、自毛植毛手術を只行えば良いわけではありません。ここにも落とし穴があります。それは、自毛植毛手術を行うクリニックの選択を見誤ってしまうことです。
自毛植毛手術とは、自分の頭髪を自分の頭皮に植えていくこと。その植えるという過程では、施術を行なう医師の腕前やセンスが大きく関わってきます。 頭髪が成長した姿を想定して植毛デザインするということを重視してくれない、言うなれば「粗製乱造」的なクリニックが存在していとの噂も聞いたことがあります。  

私は親和クリニック大阪院のMIRAI法という術式で自毛植毛手術を行いました。ドナーとなる毛根は0.8mmと極細のマイクロパンチブレードを使用しています。そのため、採取した跡が目立ちませんが、術式によっては頭皮に大きな傷が残ってしまうものもあります。
中には、手術跡が目立ちすぎてしまい、それがコンプレックスとなってしまう人もいるようです。その悩みを解消するために、わざわざ親和クリニック大阪院へ相談に来る患者さんもいるそうです。  

敷居は低そうですがランニングコストがバカにならないカツラやウィッグ、男性用エクステ類か、初期費用は掛りますがその後はほぼ費用のかからない自毛植毛手術か。 脱毛の種類にもよるのですが、もしAGA由来の薄毛であるならば、後者を選ぶのが賢い方法だと私は思います。

 

 親和クリニックの公式サイトはこちら

 

自毛植毛カテゴリの最新記事