薄毛の状態でAGAを判別するには

薄毛の状態でAGAを判別するには

現在、薄毛に悩まれている方は日本だけでなく、世界中に数多くいます。
頭髪のボリュームがなくなってきた、頭皮が透けて見えるようになってきた、などなど。
薄毛の進行度合いは人それぞれで、そのすべてがAGA(男性型脱毛症)やFAGA(女性男性型脱毛症)であるとは限りません。

加齢に伴い薄毛が進行してきたという方もいれば、ホルモンバランスに狂いが生じ、その結果として薄毛が目立ち始めてきたという方もいます。
そんななか、20~30歳代の若さで生え際や頭頂部の薄毛が進行している状態の男性は、AGAを疑う必要があります。

AGAのチェックはハミルトン・ノーウッド分類で

自分の薄毛の原因がAGAであるかを判別するには、専門クリニックでの相談が最も解決に近い方法であるのは間違いないです。
しかし、恥ずかしかったり、時間の都合がつかなかったりして、無料カウンセリングに赴くことができない方もいます。
そこで、鏡に頭部を映し目視で確認するための指標となるものが、ハミルトン・ノーウッド分類です。

ここに図表を載せることはできないのが申し訳ないのですが、ハミルトン・ノーウッド分類では9つの薄毛状態を示しています。

進行初期のⅠ型・Ⅱ型

Ⅰ型ですが、この段階はほぼ薄毛が目立たない状態です。
やや生え際のあたりがM字型に後退している程度です。

Ⅱ型は、Ⅰ型が少し進行したものです。
頭頂部に変化はないが、生え際がM字型に進行した状態です。

Ⅱ Vertex型は、M字型の生え際に加えて頭頂部の薄毛も進行した状態を示します。
頭頂部が円状に薄くなった状態です。

梅田にある親和クリニック大阪院で自毛植毛を受けた私は、薄毛に悩み始めたのがⅡ Vertex型の状態でした。
私は生え際の後退に意識が薄かったせいもあり、いきなり頭頂部がハゲてきたことに愕然としました。

はっきり薄毛が目立つⅢ型・Ⅳ型

Ⅲ型は、生え際のM字が行した状態です。
おでこが広くなり、頭頂部の周囲から頭髪のボリュームが減ってきているのが特徴です。

Ⅲ Vertex型は、Ⅲ型に加えて頭頂部が円状に薄くなったものです。

Ⅳ型はⅢ型からさらに生え際の薄毛が進行した状態です。頭頂部に目立つ円状の脱毛範囲がさらに拡がっている特徴です。

ここまでくると、ほとんどの方が薄毛に悩み始めると思われます。

進行しきったⅤ型以降

Ⅴ型は、Ⅳ型が進行した状態です。生え際のM字脱毛がより進行し、そのうえで頭頂部のハゲ化も堅調となります。
前頭部の進行が頭頂部の進行と交わる一歩手前と言えば分かりやすいかと思います。
Ⅵ型は生え際と頭頂部の脱毛部位がつながってしまった状態です。
ここまでくると薄毛という範囲には収まりきらず、頭部の中央がむき出しの状態になっています。

最後のⅦ型は、ハミルトン・ノーウッド分類において最もAGAが進行した状態です。
頭頂部にできた円状の薄毛部が拡大していき、側頭部や後頭部の上部付近まで脱毛が進行しています。
側頭部や後頭部の頸部に近い部分はAGAの影響を受けにくいので、そこだけ頭髪が残っている状態です。

しかし受けにくいだけであり、薄毛が進行しないかというと、それもまた語弊があります。
あくまで人によりますが、この部位でも何らかの原因により薄毛が進行する場合もあります。

想像の10倍は早いAGAの進行

梅田にある親和クリニック大阪院で無料カウンセリングを受診した際、側頭部や後頭部も脱毛が少し進行していた状態であったため、移植できる株の採取数にも制約があると診断されました。
こういったネガティブなこともドクターが明言してくれたことからこそ、心から信頼して自毛植毛を任せたいと思えた決め手になったのだと思います。
実際、ある程度、目立たなくなるほどには採取できたのですが、本当にギリギリでした。
もし処置が遅れていたら、もう少し相談を先延ばしにしていたら…。
自分の望むべき結果になっていたかどうかは分かりません。
と言いますか、多分、満足のいく仕上がりは期待できなかったはずです。
それほど、AGAの進行は恐ろしいのです。

現在、薄毛に悩まれている方。その薄毛、原因はAGAかもしれません。
遅きに失するまえに、是非とも専門クリニックによる無料カウンセリングを受信してみてください。私にとっての親和クリニック大阪院のような、信頼できるドクターと出会えることをお祈りしています。

 

 

⇒親和クリニック公式はこちら

投稿者プロフィール

大阪 植次
大阪 植次
マスコミ勤務。
植毛手術を機に薄毛役立ち情報サイトを開設。
大阪生まれで阪神とNMB48を愛する40代。

未分類カテゴリの最新記事