パーマで髪が抜ける?

パーマで髪が抜ける?

薄毛になったら、ヘアアレンジをしようという気も起こらなくなるものです。しかしお洒落はしたい。そんなもどかしい気持ちを抱えている方は多いのではないでしょうか。

そんなとき、パーマをかけてもいいのかとお悩みの方は、是非この記事を参考にして見てください。
一般的には、パーマ剤は髪や頭皮にダメージを与えてしまうため、薄毛の原因になると言われていますが、どうなのでしょうか。
今回は大阪梅田の植毛クリニックの医師らに聞いた情報をお話します。

引用参照:https://www.eiken.co.jp/uploads/modern_media/literature/2017_08/001.pdhttps://www.josaiclinic-fukuoka.com/column/1567

 

パーマ剤のダメージとは?

少しだけ学術的な話になります。人間の頭皮は、肌の健康を保つために、じつは弱酸性に保たれています。しかしパーマ剤には強烈なアルカリ性を示します。
そしてパーマ液には2つの薬剤があります。1つ目の薬剤ですが、髪の毛の成分であるケラチンの中の「シスチン」というアミノ酸を分解する効果があるのです。
そして2つ目の薬剤。こちらは分解されたシスチンを再び結びつける働きを持っているのです。
驚きかもしれませんが、パーマの仕組みというのは、このような化学反応で髪の質を変えてしまうことです。じつはパーマ剤の成分はかなり刺激が強いのです。頭皮にも浸透しやすいものですので、髪や頭皮にダメージを与えてしまうことも多いと言われています。

しかし、パーマをかけたから必ず薄毛になるという訳ではありません。

 

パーマと薄毛の関係性は?

一度のパーマで、頭皮や薄毛に深刻な影響を及ぼすほどダメージにはならないと言われていますが、ヘアスタイルをしっかり維持するためになんどもパーマを繰り返している場合は別なのです。
強い薬剤の使用で髪に必要な栄養がまったく無くなってしまったり、何度も度重なるダメージで頭皮が弱り、それが薄毛につながってしまうこともないとはいえません。
そして皮膚の弱い人は、パーマをかけると頭皮に炎症が起きる危険性もあります。
この炎症により毛穴が塞がったり頭皮が傷ついたりすることがあり、それで抜け毛が増えてしまうケースがあるので、注意がかなり必要です。

しかし、パーマは薄毛隠しに効果的なお洒落です。適度にかけるなど、頭皮をいたわりましょう。

頭皮を労りましょう

パーマをかけ、過敏な状態で頭皮をすぐさまシャンプーで洗うと、頭皮から皮脂が奪われます。そしてカサカサの状態になるのです。
パーマ後の髪はぬるま湯のみで洗うか、指の腹で優しくきちんと洗うなど、できるだけ刺激を与えないようにするのが良いでしょう。
また、洗浄力の比較的強いシャンプーではなく、アミノ酸系シャンプーなど頭皮に優しい成分のものを使うとヘアケアにつながります。

それから髪をクシでとかすとき、なるべく頭皮を傷めないようにいたわりながら優しく行ないましょう。
それから髪を乾かす際は充分に頭皮と距離をとって風を当てます。熱で強くダメージを与えないように注意する必要があります。。
このように生乾きはキューティクルが完全に開き髪の栄養分がそこから流れてしまう原因になります。入浴後はすぐに髪を乾かす。これがとても大事です。

パーマは比較的強い薬剤を使用するため、頻度が多ければ多いほどじつは薄毛のリスクは高まってしまいます。
パーマを頭にかけるときは頭皮のダメージを極力防げるように、ケアしていきましょう。

まとめ

 

薄毛で悩んでいる方は、薄毛治療全般を行っている大阪梅田の親和クリニック大阪院などの自毛植毛クリニックにご相談してみることをおすすめします。

 

⇒親和クリニック公式はこちら

自毛植毛カテゴリの最新記事