植毛した髪の寿命は?

植毛した髪の寿命は?

 

 
薄毛対策について考えている人の中には、植毛を選択肢のひとつとしっかり考える人は、まったく少なくありません。 植毛した毛がとても長持ちするのか不安にもなりますよね。 本格的にきちんと薄毛対策を考えるなら、植毛についてきちんと知識を深めておくことはかなり重要です。 植毛にはどのような種類があるのでしょうか? 大阪梅田の植毛クリニックの医師らに聞いた情報をお話します。  

植毛とは

育毛や発毛のために、極めてさまざまな方法を試し続けることに、かなり限界を感じたときには、植毛をきちんと視野に入れることも一つの方法です。 植毛は手術により、ここの頭皮に毛髪を埋め込む行為を指します。 日本で当たり前に行われている植毛には、人工植毛と自毛植毛のこれら二種類があり、これはそれぞれ特徴や寿命に違いがあります。入院が必ず必要なのでは、と考える人も当然いるかもしれませんが、手術にかかる時間はじつは半日程度で、ほとんどの場合は簡単に日帰りすることが可能です。

自毛植毛と人工毛植毛の違い

人工毛植毛はその名の通り、ここに合成繊維でできた人工の髪を、きちんと薄毛部分に移植するもの。

自毛植毛と人工毛植毛の言われている主な違いは2つ。1つ目は、自毛植毛は拒絶反応がほぼまったくないという点です。自毛植毛で移植するのはつまるところご自身の髪なので、拒絶反応が出ることは正直、ほとんどありません。ですが人工毛は人体からすると当然、異物であるため、人工毛植毛後は免疫反応により頭皮がかなり炎症を起こしたり、そこから重大な感染症に発展してしまう可能性があります。

2つ目は、自毛植毛ならなんと定期的なメンテナンスが不要という点です。自毛植毛した髪が頭皮にしっかり生着した後は、普段通りに普通に生活するだけで特別なケアは必要ありません。対してこれら人工毛植毛は、時間の経過でご自身の髪がどんどん伸びていったときに、しっかり見た目の違和感が生じてきます。そのため定期的なメンテナンスをまったくしなければ、ヘアースタイルを維持することができません。

 

人工植毛の特徴とは?

人工植毛は、その名のとおりなんと、人工的に作られた毛髪を頭皮に埋め込むことです。 人工毛素材には、シリコン、合成繊維など複数のものが使用されています。人工的な毛髪はもちろん、これは人体にとっては異物であり、実際の毛髪のようにぐんぐん髪が伸びたり成長することはありません。当然、一度ばっさり切ってしまえば生えてくることももちろんありません。

そのため、ここにしっかり植毛した後は年に数回のメンテナンスが必要となり、メンテナンスが繰り返されるたびに費用がかかります。植毛した人工毛の寿命は、一般的に大体1~2年程度であることが多いです。

また、人工物であるがゆえに、人によってはここに異物を埋め込まれたことによって、とつぜん免疫機能がはたらき強い拒絶反応が起こる可能性があります。 炎症がなるべく出ないように免疫抑制剤がここに処方されることがありますが、免疫抑制剤によってはっきりと副作用が起こるリスクもゼロではありません。

自毛植毛特徴

自毛植毛は、後頭部や側頭部の頭皮を、極めて薄毛となった部分に移植する手術を行います。毛髪だけを切除して埋め込むわけではありません。毛髪が生えてくる組織ごとここに移植する手術となります。 自毛植毛は、手術後に、しっかり埋め込んだ毛髪が、ここに自前の毛髪として抜け落ちたり、もりくは生え変わったりという、成長のサイクルをしっかり繰り返す点が大きな特徴です。 手術直後はまったく定着しなかった毛髪が、一時的に割と抜け落ちますが、これは下から新しい毛髪がしっかり生えてくる準備を行うためです。その後はちゃんと自前の頭髪として、半永久的にきちんと根付いて成長を続けます。

手術にかかる時間はおおよそ大体5時間程度で、手術後は移植するためにここに切り取った頭皮部分をしっかり保護したり、2~3日はとにかく安静にしておく必要があります。

 

 

 

まとめ

植毛の種類ややり方、特徴をしっかりと知り、自身のライフスタイルに合ったものを選ぶようにしましょう。薄毛で悩んでいるという人は、大阪梅田の親和クリニック大阪院などの自毛植毛クリニックにご相談してみることをおすすめします。薄毛治療全般を行っています。  

 親和クリニックの公式サイトはこちら

 

投稿者プロフィール

大阪 植次
大阪 植次
マスコミ勤務。
植毛手術を機に薄毛役立ち情報サイトを開設。
大阪生まれで阪神とNMB48を愛する40代。

自毛植毛カテゴリの最新記事