親和クリニックの新技術”United-MIRAI法”

親和クリニックの新技術”United-MIRAI法”

私は親和クリニック大阪院での自毛植毛によりAGA(男性型脱毛症)を克服しました。
親和クリニック大阪院ではこれまで、MIRAI法とNC-MIRAI法という2種類の技法を選択できました。
私が受けた自毛植毛の技法はMIRAI法で、これは頭皮を切らない移植術「FUE法」を、独自の研究開発によりさらに進化させた施術方法です。
国内最小級の0.63-0.65mmのマイクロパンチブレードを使用して移植元となるグラフトを高い技術で採取。植毛の痛みを最小限に抑えつつ、より高密度で自然な毛流れを実現しています。
そしてNC-MIRAI法とは、移植毛の採取元となる付近の頭髪を刈り上げず、周りに気づかれづらいため、施術を受けるストレスを緩和させる方法です。

そして親和クリニック大阪院では現在、上記2種類に加えてUnited-MIRAI(ユナイテッド-ミライ)法という新たな技法も選択できるようになりました。
これは、まず既存の頭髪で隠せる範囲を短く刈って従来のMIRAI法で採取し、残りの部分はNC-MIRAI法で採取するという、ふたつの技法を同時に行なう新技術です。

ふたつの技術を合わせた新技法

MIRAI法ではグラフトを採取するにあたり、後頭部や場合によっては側頭部の頭髪を短く刈り上げる必要がありました。そこからマイクロパンチブレードでグラフトを採取していくのですが、術後に刈り上げた部位を目立たなくするためにカバーシートで覆う処置がされています。
NC-MIRAI法は刈り上げることがないためカバーシートは不要ですが、MIRAI法に比べると技法が複雑となるためややコスト面での負担が大きいです。
そのふたつの技法の長所を融合させることに成功したのがUnited-MIRAI法というわけです。
MIRAI法のように頭髪を刈り上げることなく、NC-MIRAI法のメリットである自身の髪の毛で採取部を隠すことが可能となった、オリジナルの手術方法なのです。

出典:親和クリニック United MIRAI法
https://shinwa-clinic.jp/medical/unitedmirai/

日常を途切れさせない自然な仕上がりの自毛植毛

頭髪がまったくない部位が広く、自毛植毛した部位があからさまに分かるような状態にまでは至っていない人。
つまり、まだ薄毛という段階でAGAの進行を食い止めるために自毛植毛を選択する人にとっては、外見上で大きな変化を嫌う人もいることと思われます。

また自毛植毛を受けたこと自体を、できるだけ周囲に隠しておきたい人もいらっしゃるでしょう。
そんな方は、従来であれば若干ですがコスト面で負担の大きいNC-MIRAI法を選択する
ことをお勧めしてきました。しかし状態や目的によっては、MIRAI法とNC-MIRAI法のメリットを享受できるUnited-MIRAI法も選択肢に入ったということです。

薄毛の悩みは人それぞれ。ライフスタイルも人それぞれです。
AGAによるハゲ化の進行に思い悩まれている方は、これを機会に自毛植毛という解決法に目を向けられてみてはいかがでしょうか。

 

⇒親和クリニック公式はこちら

自毛植毛カテゴリの最新記事