フィナステリドとデュタステリドの違いとは?

フィナステリドとデュタステリドの違いとは?

梅田の親和クリニック大阪院で自毛植毛手術を受け、AGA(男性型脱毛症)を克服した私ですが、術後の現在でもAGA治療薬のデュタステリドを処方してもらい、日常的に服用しています。

現在、AGA(男性型脱毛症)治療に用いられる医薬品は、フィナステリドとデュタステリドが主流となっています。まずフィナステリドですが、これはプロペシアという名称の医薬品が有名です。フィナステリドは、AGAの原因といわれる男性ホルモンのひとつテストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に転換されるのを抑制する効果があります。
これにより、AGAの進行を滞らせて脱毛を抑制する仕組みなのです。

対するデュタステリドですが、ザガーロという名称の医薬品が有名です。

こちらもフィナステリド同様、男性型脱毛症および前立腺肥大症の治療に用いられています。テストステロンからのジヒドロテストステロン(DHT)生成を阻害する5α-還元酵素トリプル阻害薬のことで、抜け毛の防止効果においてフィナステリドを上回ることが確認されており、さらにフィナステリドでは不十分だった増毛効果もあるとのことです。

フィナステリドもデュタステリドも男性型脱毛症の治療薬として認定されていますが、

保険収載はされていないので自費治療や自由診療の範疇となります。

参考:
医療用医薬品 プロペシア
https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00051088

医療用医薬品 ザガーロ
https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00065940

デュタステリドは5αリダクターゼⅠ型を阻害

AGAの原因物質であるDHTへと転換してしまう5αリダクターゼには、Ⅰ型とⅡ型があります。フィナステリドとデュタステリドはともに5αリダクターゼⅡ型に抑制効果が認められますが、5αリダクターゼⅠ型は、デュタステリドのみが阻害する効果を持ちます。

このため、一般的にフィナステリドよりも効くと言われているようです。

また20歳未満での安全性および有効性は確立されていなく、女性には使用できません。妊娠中にデュタステリドや他の5α-還元酵素阻害薬を服用すると、胎児に悪影響を与えることがあるそうです。
さらに、これらの薬剤は皮膚からも吸収されるそうで、妊婦または妊娠の可能性のある女性は薬剤を取り扱わないことが望ましいとされています。

カプセルに入っている内容物に触れてしまった場合は、直ちに石鹸および流水で洗い流すことが必要なほどです。
そしてデュタステリド服用中の患者は、献血をしてはならないとされています。しかも血中半減期が長いため、投与中止後6ヶ月間は献血できなくなります。

これら医薬品の服用に際しての副作用として頻繁に出てくる勃起不全(ED)についても記しておきます。

デュタステリドはもともと前立腺肥大の治療薬として使われていました。DHTは前立腺や精嚢、外性器に多く存在しており、前立腺肥大にも深く関わっているのだそうです。

そのため、DHTを抑制することで抜け毛は抑えることができるのですが、勃起するために必要となるDHTまで抑制してしまい、その結果としてEDを発症する可能性もあるとのことです。もちろん、すべての人に当てはまるのではないようです。

デュタステリドの効果は

増毛効果としては、毛が太く長くなること、ひとつの毛根から複数の毛が生えることが挙げられています。ただし、毛根が失われた個所は再生せず、円形脱毛症等にも効果は認められないようです。

完全にハゲてしまった箇所から髪が再生するわけではないということです。そして円形脱毛症に関しては、そもそも原因がAGAではないのですから当然です。
もちろん、私がお世話になっている親和クリニック大阪院ではフィナステリドもデュタステリドも両方とも処方してもらうことができます。

また、処方してもらうだけの治療もできますが、前述のとおりハゲてしまった部位が広範囲で、悩み続けているという方は、治療薬の処方だけではなく自毛植毛も視野に入れて無料カウンセリングを受診してみてはいかがでしょう。悩みが解決する可能性がさらに上がるはずです。

親和クリニック 投薬による薄毛(AGA)治療の費用
https://shinwa-clinic.jp/price/medicine/
 
 

 

⇒親和クリニック公式はこちら

自毛植毛カテゴリの最新記事