意外と気づかないシャンプーの種類

意外と気づかないシャンプーの種類

日常的な頭髪の洗浄では、大多数の人はシャンプーを使用していることと思います。 なかには洗浄剤を使わない湯シャンなんてものあります。 そんなシャンプーですが、実は含有する材料によって高級アルコール系・石けん系・アミノ酸系の3種に分類されているということはご存知でしょうか。 自毛植毛手術を受けて以来、ヘアケア、特にシャンプーには気を使っています。
そこで今回は、この点をレポートします。  

シャンプーの分類はこの3種

高級アルコール系シャンプー

高級と付くから高価格や高品質だというわけではありません。 アルコールの分子中に含まれる炭素(C)が多いものを高級アルコールと言います。 炭素数が多いものは泡立ちが良く洗浄力が高いという特徴があるのです。 ですが、頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまう可能性があります。 そのため、使いすぎると頭皮が乾燥したり、肌荒れにつながったりするおそれもあります。

また、洗い過ぎることで皮脂の過剰分泌をひきおこし、毛穴が皮脂で詰まってしまうことも想定できます。 一部、天然由来の高級アルコールを原料とした界面活性剤が使われている商品もありますが、その多くは石油由来の高級アルコールを原料とした界面活性剤を使用しています。 石油由来の界面活性剤は、洗浄力の高さが知られておりますが、人によっては刺激が強すぎる場合があるので注意が必要です。 市販されているシャンプーのほとんどが、この高級アルコール系です。

石けん系シャンプー

石けん系シャンプーとは、天然由来の油脂や脂肪酸カリウムをアルカリで反応させた界面活性剤(石けん)を使用しているシャンプー剤のことを指します。 頭皮への刺激は強くなく、かつアルカリ性で洗浄力が強いので、毛穴の汚れも強力に落としてくれます。 しかし、人によっては髪がきしんでしまったり、まとまりにくくなってしまったりの状態になることも。 過剰に使用してしまうと、やはり皮脂をとりすぎるという特性もあるので注意が必要です。

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸系シャンプーとは、洗浄成分である界面活性剤にアミノ酸系の成分を使用しているもののことです。 高級アルコール系や石けん系と比べて刺激が弱く、頭皮にも優しい天然由来の高級脂肪酸にアミノ酸を反応させて作られた界面活性剤が使われています。 肌が弱い、乾燥しやすいといった人には、このアミノ酸系シャンプーがオススメと一般的には言われています。 洗浄力はさほど強くないのですが、そのため余分な皮脂を落とさず、保湿性が高く洗髪後に髪がゴワゴワしないなどの特徴を持っています。
人間の肌と同じ弱酸性なので、髪や頭皮に余分な負担をかけず、汚れだけを落としてくれるので肌のうるおいは守られます。 難点はお財布に厳しいことでしょうか。天然由来の原料が高価なため、価格もお高めに設定されています。

自分の頭皮にあったシャンプー選び

頭皮の保護、ケアを第一に考えるなら、やはりアミノ酸系シャンプーを選ぶと良いでしょう。
しかし、毛穴に詰まった皮脂は育毛にとって大敵であるのも無視できません。 洗浄力という点を考慮に入れると、頭皮が脂っぽい男性の場合は、シャンプーの洗浄力についても考慮する必要があるでしょう。 頭皮の性質は人により千差万別です。頭皮の状態を小まめに確認しながら、自分にあったシャンプーを見つけたいものです。

 

 親和クリニックの公式サイトはこちら

自毛植毛カテゴリの最新記事