正しいシャンプーで薄毛予防?

正しいシャンプーで薄毛予防?
薄い髪の毛が気になると洗髪のやり方も気になってくるものです。 どのようなやり方が正しいのか、いまいちわからないという人も多いと思います。 今回はかなり薄毛予防に役立つ正しいシャンプーのやり方を詳しくご紹介します。大阪梅田の自毛植毛クリニックから聞いた手順です。

髪の毛を濡らす前に

最初はブラッシング。髪の毛をきちんと濡らす前に行い、髪の毛にこびりついたほこりやごみを取り除きます。 これで皮脂などの汚れを浮かせ、落ちやすくする効果もかなり期待できます。 髪が濡れた状態でブラッシングをすると、髪の毛がとても傷んでしまうので気をつけましょう。  

シャンプー前がポイント

髪や頭皮の汚れは、ぬるま湯でしっかり流すだけで7割以上落ちます。 ある程度の汚れをきちんと落としシャンプーをしっかりなじみやすくすることができるのです。 髪の毛の汚れをしっかりと落としたら、頭皮もマッサージしつつしっかりと流しておきましょう。  

シャンプーは泡だててから

シャンプーをそのまま髪の毛に乗せているという人も全然少なくありません。 この行為は頭皮にとても負担となっています。必ず手でしっかりと泡だててからきちんと髪の毛に乗せるようにしましょう。このとき 髪の毛だけでなく、しっかり頭皮も生え際からこめかみ、それから頭のてっぺんや耳の後ろまでしっかり丁寧に洗います。 このときなるべく爪は絶対に立てず、きちんと指の腹で優しく洗うことが大切です。  

すすぎは丁寧に

頭全体を洗ったら、シャンプーがきちんと残らないように丁寧に流します。 このときすすぎ残しがあると、シャンプーの成分がなんと毛穴に入り込み、毛穴をかなり詰まらせる原因になることもあります。これは血行不良や皮脂の過剰分泌の原因に実はなるので、すすぎは念入りに行うのがポイントです。  

トリートメントもしっかり

髪の毛を健康に保つにはトリートメントも大切です。 毛先を中心にトリートメントをつけたら、全体にしっかりなじませます。 こちらもすすぎはしっかりきちんと行いましょう。

早く乾かす

あがったら、しっかりタオルドライをしく早くドライヤーをかけます。自然乾燥では髪の毛の水分まで一緒に蒸発してしまい、パサつきがとても気になりやすくなります。 髪の毛がかなり短い人も、サッとドライヤーをしっかり当てるようにしましょう。 頭から10cmから15cmほど離れたところからちゃんと当て、髪の毛があまり熱くなりすぎないようにすることもポイントです。そして、 最後に冷風を当ててクールダウンさせましょう。  

自毛植毛のオススメポイント

メンテナンスが必要ない

自毛植毛は、きちんと継続的にメンテナンス等を行う必要が無いため実は術後に診療費や薬代などの出費がかかることがありません。 また、これは術後は普通の髪と同じように洗髪することができます。

拒絶反応

人工毛植毛の場合だとですね、合成繊維から作った人工の毛が、なんと人体の免疫機能によって体が皮膚炎症などの拒絶反応を起こすことがまれにあります。自毛植毛ですが自分の毛を使った自家移植になるため、拒絶反応の心配がありません。

そのためこれは術後1年程度で移植毛が抜け落ちてしまう人工毛植毛に比べ、自毛植毛ではかなり高い生着率が確認されています。

自然な仕上がりに

自毛植毛では当たり前ですが自分の毛髪を使っているため、周囲の髪との違和感が全然まったくないです。

そして術後年齢を重ねると、自毛植毛の移植毛も当然、周囲の髪と同じように白髪になっていきます。

髪を再び成長させることができる

最大のメリットであると当たり前のようにいえますが、自毛植毛の場合はこれは移植毛が頭皮に生着すると毛髪が再び活動し始めます。 なんと人工毛植毛の場合だと、移植毛は植毛してもそれ以上伸びることが決してありません。自毛植毛は毛包組織そのものをしっかりと移植する植毛法であるため、移植した毛髪はその後生涯に渡ってぐんぐん生え続けていくのです。

まとめ

髪の正しい洗い方が分かったと思います。薄毛にお悩みの方は、大阪梅田の親和クリニック大阪院などの自毛植毛クリニックにご相談してみることをおすすめします。

 

 親和クリニックの公式サイトはこちら

 

投稿者プロフィール

大阪 植次
大阪 植次
マスコミ勤務。
植毛手術を機に薄毛役立ち情報サイトを開設。
大阪生まれで阪神とNMB48を愛する40代。

自毛植毛カテゴリの最新記事