新型コロナウイルスと喫煙と薄毛の関係性?

新型コロナウイルスと喫煙と薄毛の関係性?

未だに収束の気配さえ見せない新型コロナウイルス感染症。
いつまで続くのかとウンザリしている方も多いように思います。人により罹患したときの症状は異なりますが、重症肺炎を引き起こし死に至るケースもあります。

厚生労働省によると、その大多数はウイルスに感染しても軽い呼吸器症状、あるいは不顕性感染で済んでおり、高齢者や基礎疾患をもつ人に感染した場合にのみ重症化すると考えられています。
重症化した症例の多くが糖尿病や慢性の心・肺・腎疾患など基礎疾患を従前から患っていたことが解っています。

一般的には飛沫(感染者のくしゃみや咳、つばなどと一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込み感染)や、接触(感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。
他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染)で感染します。
閉鎖された空間で、しかも近距離で多くの人と会話するなどの環境では、咳やくしゃみなどの症状がなくても感染を拡大させるリスクがあるとされています。

タバコが重篤化させる要因のひとつ

日本呼吸器学会の発表では、喫煙は新型コロナウイルス肺炎重症化の最大のリスクであるとされています。
喫煙者は人工呼吸器が装着される、あるいは死亡する危険性が非喫煙者の3倍以上になることが明らかになったと言います。
これは、年齢や基礎疾患(糖尿病や高血圧など)と比べても、重症化の最大のリスクであることも併せて報告されています。
喫煙により呼吸器に大きなダメージがあるからなのでしょうか。

タバコから吸い込む有害物質は、喫煙者の気道や呼吸器の粘膜バリアや細胞組織などを破壊します。また、身体の免疫系の応答にも悪影響を及ぼすと言われています。
さらに、喫煙時は口元へ頻繁に手を近づけることになります。もし、ウイルスが手に付着した状態だったとしたら感染リスクは飛躍的に向上してしまいます。

参考:日本呼吸器学会
https://www.jrs.or.jp/modules/covid19/index.php?content_id=9

喫煙で薄毛も進む!?

喫煙は、大げさに言えば、有害物質を体内に取り込んでしまうことに繋がります。
喫煙では主に呼吸器にダメージが蓄積されていきますが、そのダメージは身体のいたるところに影響を及ぼしてしまうのです。
薄毛に悩む我々にとっては、最重要なのが頭皮環境へのダメージです。

喫煙すると体内に吸収された化学物質が循環し血管に炎症を引き起こします。
交感神経は緊張し、血管の収縮も起こります。さらに軽度の一酸化炭素中毒となるため、慢性的な酸素欠乏が発生。その代償のため体は血液を多く生産します。

そして血液が固まりやすい状態、つまり血栓形成が発生します。
複合的な悪影響の結果として、動脈内腔が狭くなり、内部に目詰まりが起こり、血栓形成性が増していきます。

血管は身体の各部へ酸素や栄養を運ぶために不可欠なもの。それは、頭髪を育てるためにも同様です。頭皮下の毛細血管から毛包へ栄養素が分泌され、頭髪はその栄養をもとに成長を繰り返します。
喫煙により毛細血管の働きが弱まってしまうと、頭髪の成長に悪影響を及ぼすことは必然なのです。
もちろんハゲだけでなく、動脈硬化や脳卒中など、より恐ろしい病気を引き起こしてしまうことだってあります。

すぐには無理かもしれませんが…

私も以前は喫煙者でしたので、大きなことは言えません。禁煙の苦しみも分かっています。
私が禁煙を始めたきっかけは、呼吸器に何とも言えないようなしんどさを感じたからでした。曖昧な表現で申し訳ないのですが、ある日「しんどい」と思ったのです。
その日からもう1年以上は経過しています。多少の口寂しさはあるものの、喫煙の衝動は収まっています。

身体の健康維持のため、コロナ禍から生き延びるため、ひいてはハゲを進めないためにも、薄毛で悩んでいる喫煙者は、禁煙を始めてみてはどうでしょうか。
説明してきたように喫煙が髪に悪影響があります。仮に自毛植毛で薄毛を解決しても喫煙で台無しにしてしまう可能性もあります。メリットがデメリットに勝るのは間違いありません。

 

 

⇒親和クリニック公式はこちら

自毛植毛カテゴリの最新記事