男性更年期障害が薄毛を進行させるのか

男性更年期障害が薄毛を進行させるのか

更年期障害。男の更年期障害の症状に薄毛の進行があります。どのようなメカニズムで起こるのでしょうか。男性の更年期障害と、薄毛の関係性、更年期障害の治療方法などについて見ていきましょう。

今回は大阪梅田の植毛クリニックの医師らに聞いた情報をお話します。

引用参照:DOCTOR男性更年期障害

男性更年期障害と薄毛の関係性

薄毛の原因と言われているテストステロンが減少するのに、なぜ男性更年期障害により、薄毛が進行してしまうのでしょう。
男性の更年期障害は、精神をかなり不安定にしてしまう要素を多数持っているので、社会で生活を営む中、思うようにコンデションや精神状態などを操作できないことのストレスが抜け毛原因となる可能性などを持っているからです。

男性の更年期障害の症状はかなり個人差があります。症状がどうしてもつらいときには、体のことであれば内科、精神的なものだったら診療内科など、早期に医師に相談しましょう。

 

男性更年期障害が起こる仕組み

男性ホルモンのひとつテストステロンの分泌が減少すると起きます。テストステロンは男の体だけではなく、心にも大きな影響を与えることで知られ、筋肉や骨格、髭など男らしさに大きく働きかけるのです。

テストステロンですが、やる気をつくる脳内物質のドーパミンを産生させる特徴を持っています。男らしさや社会生活への意欲を維持する重要な鍵となるのがホルモンです。しかしながら、分泌が減少すると男性更年期障害の症状が現われやすくなります。疲労感、不眠などの体調不良にもおちいったり、鬱など、精神的にかなり不安定になる場合があります。

テストステロンの働きで薄毛が進行する。と言われているので、分泌が減少すると、薄毛の不安がなくなるのではないかと考える人もいます。男性の更年期障害のテストステロンの減少はゆるやかであるので、テストステロンの減少で薄毛が改善されることは、実はあまり期待できないのです。

更年期障害の治療方法

治療方法のひとつに、男性ホルモン補充療法があり、減少するテストステロンを補うことで症状の緩和や、改善を目指すものなのです。
この治療を迷っている方の中には、テストステロンの働きで薄毛進行を恐れている人もいるのですが。テストステロンによる脱毛症が起こるメカニズムは、遺伝などの先天的なものが深く深く関係しているのです。

テストステロンそれ自体が直接毛髪に影響を与えるわけではないのです。テストステロンは体内の酵素により、ジヒドロテストステロンという物質に変換されないと毛髪に影響を与えることができないのです。このことで、治療の過度な心配の必要はないと言われています。

男性更年期障害はまだまだ認知度が低いです。症状に対し理解されることが少ないです。症状は日々の生活を困難にしてしまう場合もあります。早期に医師に相談し、医療機関での治療を考えましょう。

 

自毛植毛について

自毛植毛とは、自分自身の毛髪を利用する植毛法なのです。

実際に自毛植毛施術に使用する毛髪は、生命力がかなり強く男性ホルモンの影響をとっても受けづらい側頭部や後頭部の毛髪が広く使われることが多く、そしてそこから専用の機器等を用いて脱毛している部位などへ移植をしていきます。

そのため自毛植毛では一度植毛した毛が生着しさえすれば再び自分の毛髪となるので、抜け落ちても毛髪のサイクルにより、半永久的に確実に自分の毛髪が生え続けます。

このことから自毛植毛はこの令和の時代の薄毛治療の中でも、かなり支持を得ています。

まとめ

薄毛で悩んでいる方は、薄毛治療全般を行っている大阪梅田の親和クリニック大阪院などの自毛植毛クリニックにご相談してみることをおすすめします。

 

投稿者プロフィール

大阪 植次
大阪 植次
マスコミ勤務。
植毛手術を機に薄毛役立ち情報サイトを開設。
大阪生まれで阪神とNMB48を愛する40代。

自毛植毛カテゴリの最新記事