ショックロスとは?

ショックロスとは?

自毛植毛手術後は、髪が一時的に抜ける症状が出ることがあることをご存知でしょうか。これをショックロスと言います。あくまで一時的なもの。そのため一定期間が経てば髪が生えてきます。

全体の髪の15%程度の抜け毛

「植毛をしたのに抜け毛が増えている」と気にしてしまう人もいるでしょう。ただ、髪全体が抜けるわけではありません。大体10%から15%ほどの毛が抜けると言われています。全体の髪の15%程度の抜け毛では、見た目ですぐにわかるものではないので安心して大丈夫。私が施術を受けた大阪梅田の植毛クリニックの医師からそう聞きました。

しかしながら、もともと薄毛が気になる方ですと、ショックロスがかなり気になるかもしれません。大方1年~1年半の間で元通りの量になります。あまり気にしすぎないようにするべきです。抜け毛が増える範囲は移植した部分とその近くの麻酔を打った範囲。この範囲以外の髪が抜け落ちることはないのです。

抜け毛が増える時期

手術後3ケ月~4ケ月後になります。個人差がかなりあるので、全然気にならなかったという人もいます。複数回植毛手術をした方でも、1回目と2回目では抜け毛の量が違うことがあり、また時期によっても変わってきます。 ショックロスの原因は様々ありますが、医学的に正確なことはよく分かっていないのです。手術のときの麻酔の影響により、髪が抜けるということが考えられています。それから移植の範囲の炎症作用で、抜け毛が多くなるとも言われています。

これらの影響で髪の毛髪サイクルに乱れが生じ、髪の抜け毛が一時的に増えることが原因の一つとして挙げられます。 このショックロスは、女性に比較的多く見られるのです。特にストレスで抜け毛が増えて移植を行った場合、気にしすぎることでかえって抜け毛が増えてしまうこともあります。このショックロスは一時的なもの。1年~1年半後には元通りになります。

ショックロスを起こす確率・可能性は?

ショックロスの確率として、一般的に言われているのは「20%」。決して少ないと言いきれる数字ではありません。ただこの20%という数字の中には、抜け毛の程度が軽いケースも含まれています。そのため、手術前よりも薄毛が目立つという心配は少ないと考えられます。 中でもショックロスが起きる可能性があると言われているケースは、髪が弱い場合です。

しかし、ショックロスの可能性について紐解くと、医学的にはまだまだ不透明で、たとえ医師でも事前にショックロスの可能性を見極めることは困難なのです。さらに、原因も明確には追究されておらず、ショックロスを起こす可能性や程度については、ケースバイケースと言えます。

ドナー部(採取部分)から生えてこない。これはショックロス?

自毛植毛手術には、自分の健康な毛根部分の頭皮を薄く切り、移植用に採取する「ドナー採取」という工程があります。ここで採取された頭皮が、頭髪の薄い部分に移植されます。 植毛手術の大事な要となるドナー採取。そもそもドナーを採取した部分は毛がなくなります。

ここからさらに薄毛が進行していくのではないかと心配される方も多くいると聞きます。しかし、ドナー採取部分が原因となりショックロスを起こすという関係性は考えられていないのです。

まとめ

ショックロスは初めての自毛植毛手術で起きるととても不安ですが、あくまで一時的なものです。このことを事前に知っておくことで精神的に大分楽になることでしょう。 悩みすぎてストレスがかかるとかえって髪によくありません。そのストレスが原因で脱毛症状が進んでしまう可能性も無きにしもあらずです。

私は自毛植毛手術前に大阪梅田にある親和クリニック大阪院の医師からきちんと納得のいく説明を聞く事ができました。悩んでいる事は担当の医師に全て相談してみるのが一番良いと思います。

 

 親和クリニックの公式サイトはこちら

 

自毛植毛カテゴリの最新記事